逆流性食道炎の治療法

逆流性食道炎の症状を根本的に改善しましょう

逆流性食道炎と言っても症状や度合いは人それぞれで違ってきます。

 

主な症状としては、

 

  • 胸やけや胃もたれを食事のたびに起こしてしまう
  • 胃酸が逆流してしまう
  • ゲップがよく出てしまう
  • 異物感があり締め付けられる感じがする
  • 背中が痛くなる
  • 寝たいのに横になると吐き気がしてしまう

 

などがありますが、最悪、食道がんなどの合併症を引き起こす危険性も。

 

逆流性食道炎によってうける体の負担やストレスを克服するためには、やはり根本からの改善・治療を考えていかなければなりません。

一生、薬と付き合ってかなければならないって本当?

病院に通いながらの薬物療法や定期健診、薬局などの胃腸薬で胃酸を中和しても、あくまで対処療法でしかなく根本的な治療にはなりません。

 

実際に薬を服用していても7〜8割の方は何かしらの不都合を抱えながら生活しているというデータも出ているほどです。

 

それだけでなく治療のための通院代などでも定期的な出費ですし、いざ薬を飲むのを辞めると再発する可能性も高くなってしまいます。

 

最初のうちは効果があるようにも感じますがそのうちに体が慣れてくるものです。これでは一生、薬や病院の胃カメラと付き合っていかなければならなくなってしまいます。

 

治療ではなく現状維持のために今までより強い薬を飲まないと効き目を感じなくなるなど誰だって嫌ですよね。

 

逆流性食道炎は治らない病気では決してないのです。

 

  • 仰向けに寝てもほとんど胃液が出ないまでに。
  • お粥しか食べられなかったのが今では普通の炊いたご飯を食べられるように。
  • 胸から喉にかけてのギュっという締め付け感も感じなくなってきた。
  • 薬を手放すのが怖かったのに今では飲まないで全然大丈夫なように。

 

このように自宅にいながらでも逆流性食道炎を改善されている方も大勢いるほどです。好きな食事を食べたいのに見ると吐き気を感じてしまうような日々を克服していきましょう。

サブメニュー


inserted by FC2 system